画像
画像

セサミン過剰摂取の弊害とは

セサミンのみを過剰摂取した場合の弊害というのは今のところ報告にはないようです。
しかし、セサミンを摂取するためにゴマを大量に食べた場合には、弊害が出てしまう恐れがあります。
セサミンを一日の必要量摂取したいからと言って、ゴマを毎日セサミン摂取量を食べ続けるということは、
人間の身体にとって危険なのことなのです。

セサミンの効果というのは、肝臓で悪玉コレステロールを減少させることにより、
動脈硬化を引き起こしてしまう原因となる高脂質血症などを改善するというものなのですが、
ゴマに含まれている脂肪分が、逆に身体にとって太りやすくなってしまうという結果が出てしまう恐れがあります。

セサミンをゴマから摂取しようと考えるとき、ゴマ1粒に含まれているセサミンの量が約1%ですから、
ゴマを3000粒摂取しなければいけないということになります。
その時にその3000粒に含まれている脂質を考えてしまうと、毎日摂取した場合には、肥満症になってしまう恐れがあるというのです。
肥満改善(コレステロールの減少)を目的に摂取しているつもりが、逆に肥満になってしまうということでは、本末転倒です。

ですから、セサミンを摂取しようと考えたときには、ゴマから抽出されたセサミンのみを、
サプリメントなどで補うという形が一番健康にも害を及ぼすことがなく、
理想的であると考えられます。

また、サプリメントの形になっているセサミンは、良質なセサミンのみを抽出して作られているものや、
ほかの相乗効果が期待できるものを配合して作られているものなど、様々な種類が販売されていますので、
ご自分の体調に合ったセサミン配合のサプリメントを選ばれるのがよいでしょう。

人間の体内で重要な働きをする肝機能を活発にすることで、
身体の健康や、飲みすぎ、食べ過ぎ、美容効果やダイエット効果などの、
いつまでも若々しくあるために必要とされる栄養素を補うようにすることが大切だと思われます。