画像
画像

ビタミンを摂ろう

セサミンは非常に優れた健康成分です。
しかし、それ単体で活用するよりも他の栄養素と一緒に摂取した方が身体には良い影響を期待することができます。
特に野菜不足と言われている日本人は意識的にビタミンを摂ることが必要とされるでしょう。

そもそもビタミンとは、わずかな量で身体の調整機能などをケアしてくれる栄養素のことを指しています。
ホルモンとは違い、体内で生成することができないので、それぞれをしっかりと野菜などの食品から摂る必要があります。
ビタミンB群やビタミンC、ビタミンAなどが代表的な成分として挙げられますね。

また、実は人間以外の動物では体内でビタミンを生成することができる種も多いと言われています。
哺乳類では体内で生成できないのは人間やサル、ゾウくらい。
これは意外な事実ですね。

ビタミンを摂取できないと、糖質や脂質、タンパク質などの他の栄養素も上手く機能してくれません。
身体を健康的に保ち、アンチエイジングに役立てる為には、このポイントに十分に着目することが欠かせないのです。

ちなみに、ビタミンは大きく分けて二つの種類に分類することができます。
一つは水溶性。
もう一つは脂溶性です。
脂溶性は肝臓に貯蓄されるという性質があるので、何日分かをまとめて摂取することが可能。
しかし摂り過ぎると頭痛などの過剰症になるので注意が必要です。
摂り過ぎの心配がないのが水溶性の特徴。
過剰な分は常に体外に排出されてしまうので、こまめに補給することが必要になります。
脂溶性の代表はビタミンEやβ-カロテンなど。
水溶性ならビタミンB群やビタミンCが挙げられます。

ビタミンAを豊富に含むのは、レバーやウナギなど。
ただし、最初からビタミンAの状態になっているものだと脂溶性の特徴から過剰摂取になることもあるので注意が必要です。
緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは必要に応じて体内でビタミンAに変わるので、こちらを積極的に役立てましょう。
ビタミンAはセサミンと同様に抗酸化作用の働きを持っています。

大根の葉っぱなども意外なβ-カロテン源です。
捨てることの多い部分ですが、アンチエイジングの為には積極的に食べたいところ。
この他にも青汁を活用するなどの工夫もおすすめです。

セサミンだけでなく、こういったビタミン類と一緒に活用すれば、美肌にも健康にもしっかり効果を高めていくことができるでしょう。
ビタミン類を上手に活用してください。