画像
画像

セサミンの効果的な摂取方法とは

日本食の中に必ずと言っていいほどよく使われているゴマからセサミンは摂取することが可能なのですが、
その摂取量が考えているよりもずっと多いということはご存知でしょうか。
一日に人間の体内に必要とされているセサミンの摂取量は、約10mg。
ゴマの小さな粒のなかに含まれているセサミンは、ゴマ全体の栄養分の約1%しかないのです。
ですから、ゴマ3000粒を摂取しなければ、一日の必要なセサミン摂取量に届かないのです。


ゴマ3000粒といえば、いくら小さな粒だとはいえ、大変な量になります。
このゴマのなかには、セサミン以外の栄養素もたくさん含まれているのですが、このたくさん含まれている成分の中に
脂肪分も含まれています。
セサミンの中には不飽和脂肪酸という脂肪分が含まれており、この不飽和放散は飽和脂肪酸に比べると体にはよいのですが、
この不飽和脂肪酸は酸化しやすいというデメリットがあります。

脂溶性のセサミンは、水溶性の抗酸化成分に比べると、血液中に溶け出してしまうという欠点を補っているものなので、
確実に肝臓まで届き、肝機能の働きをよくしてくれるものとして脚光を浴びている物質です。
このセサミンを確実に毎日体の中に取り入れていくには、サプリメントタイプになっているものがお勧めです。
サプリメントを飲むときは水が良いのですが、水道水よりも安心して飲めるウォーターサーバーが良いですよ。

他の体に悪影響を及ぼしてしまうかもしれない物質を摂取する必要もなく、
必要なセサミンや、相乗効果をもたらしてくれるほかの成分との調合をしたサプリメントなど、
サプリメントとして販売されているものの多くは、考えて作られているものが多いからなのです。

セサミンはhttp://www.mushishi-movie.jp/でも紹介されていますが
DHA(ドコサエキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などと一緒に摂取すると相乗効果もあり、
(DHAやEPAは酸化しやすいため、セサミンと一緒に摂取することにより
セサミンの酸化防止作用が有効になり、きちんとした働きかけを手助けしてくれることになります)
DHAやEPAの働きを助けながら、
DHAやEPAのおかげで、さらに良い効果をもたらすこともできるわけです。

どの物質も体内で合成することが出来ないものの、体の中には絶対的に必要となる必須脂肪酸ですから、
相乗効果を狙いながら摂取することは非常に体にとって良いことと考えられます。

相乗効果を期待できるもので、一緒に食事として摂取することが難しいものも、
サプリメントという形になっているおかげで摂取しやすくなっていますので、ぜひご活用いただければと思います。
▼人気サプリメントの詳細はこちら