画像
画像

バランスのとれた食事を摂る

セサミンの美容や健康への効果を最大限に実感する為には、生活習慣を整えることが大切。
その他にも、継続的に摂取することや品質の高いサプリメントを選ぶことなども重要ですが、やはり生活のリズム、その中でも食事をしっかりと考えることは特に考えておきたい点と言えます。
食事から摂取する栄養素が偏っていると、腸の状態が悪化して悪玉菌が増えてしまい、その結果として腸内環境が乱れるケースが多いからです。
腸内環境が乱れていると、栄養素の吸収も効果的ではなくなります。
つまり、せっかくサプリメントでセサミンを摂っても「いまいち吸収しきれなかった」ということになり兼ねないのです。
だからこそ、食事のメニューは十分に考えておく必要があります。

また、栄養素の吸収効率以外にもチェックしておきたいポイントがあります。
それがダイエットや美肌にも偏った栄養は敵ということ。
セサミンをたっぷり摂っていたとしても、毎日油分や糖分、塩分などを摂っていれば身体は健康的とは言えない状態になります。
そこから肌をキレイにしたり、体型を改善していくのは大変なこと。
やはり、土台となる生活リズムが整っていて初めて、効能を実感することが可能になるのです。

では、食事ではどんな点に気を付ければいいのでしょうか?
ずばり、結論から言えば「野菜を多めに摂ること」が大切と言えるでしょう。
その理由は日本人が慢性的な野菜不足の状況にあるということ。
実はちょっと不健康な生活をしている様なイメージがあるアメリカ人よりも日本人の野菜摂取量は少ないのです。
アメリカ人は一日あたり平均330g程度の野菜を食べるというデータがありますが、それに対して日本人は約280gしか食べていません。
その他諸国と比べても、現代日本人は野菜をあまり食べていないということが分かります。

例えば、イタリア人は一日あたり平均で420gの野菜を食べます。
カナダ人は一日あたり約303g程度と言われています。
いずれと比べても日本人は野菜不足ですよね。

さらに韓国に関しては一人一日600gも野菜を食べているというデータがあります。
これを参考にすると、かなり日本人は食生活が乱れていると言わざるを得ないでしょう。
特に20代の女性に関しては、平均を大きく下回り、一日一人210g前後しか野菜を食べないというデータが出ています。
30代の女性に関しては、多少20代よりも増えるものの、それでも日本人の平均以下です。

先述した通り、食事は身体の土台をつくる大切な要素。
その点をしっかりと意識して、食生活を見直してみましょう。

もちろん食材だけにこだわるのではなく、運動や睡眠などの項目に関してもしっかりと基本に忠実に取り組みましょう。
運動は激しいものでなくても良いので、定期的に取り組むこと。
睡眠は昼夜逆転にならない様に注意しておきましょう。