画像
画像

セサミンの肝機能向上効果とは

セサミンは肝臓まできちんと届き、直接肝臓に働きかけることが出来るという素晴らしい栄養素です。
アルコールが好きな方などは、昔からよく言われている言葉なので耳にしたことのある方がいらっしゃるかもしれませんが、
「アルコールを飲む前にはゴマを摂取しておくようにするとよい」
「ゴマ料理をお酒のつまみにしながらアルコールを飲むと悪酔いをしない」などと言う言葉を言う方がいらっしゃいます。

まさに、その通りで、ゴマ料理を食べながらお酒を飲むと悪酔いをしないということや、二日酔いにもなりにくいという効果が実証されています。

これは、ゴマの中に含まれているセサミンに肝機能向上効果があるためなのです。
アルコール代謝が肝臓でうまくできないと、悪酔いをしたり二日酔いになってしまうので、この代謝をセサミンによって助けてもらうことによって
アルコールを摂取したときに発生する「アセトアルデヒド」という物質に含まれる急性毒性を軽減することが出来るのです。

更には、飲んでいる最中だけではなく、飲みすぎてしまった後などに摂取しても、二日酔いなどを軽減することもできます。
これは、肝臓の中にアルコールによってふえてしまったアセトアルデヒドに含まれる毒素を解毒する作用を持っているからなのです。
二日酔いというのは、頭痛や吐き気をもよおすだけではなく、アルコールを分解するために肝臓に非常に負担をかけるのです。

このアセトアルデヒドという物質は、まず酢酸という物質に変化し、そのあとに水と炭酸ガスに肝臓で分解されます。
この時にアルコールの摂取量が多いと、分解に時間がかかりすぎてしまい、アセトアルデヒドが肝臓の中に残ってしまうのです。

ですから、セサミンを摂取することによって、肝臓の働きをよくしてあげれば、分解を短時間で済ませることが出来るということなのです。


更に肝臓の働きとして、肝臓では脂肪酸を生成します。
この時に善玉コレステロールと悪玉コレステロールが生成されます。
この二つのコレステロールは肝臓の中に生成されるので、セサミンを摂取することによって脂肪分の分解を助けてあげれば、
太りにくい健康な体を維持できるということになります。

肝機能を向上させることによって人間の身体は健康維持が出来るのです。